私達は社会人サッカーチーム南葛SCを応援しています。

こんにちは。あいにくの天気ですね、せっかくの休みの週末が雨というのはなんともいえないものがあります。しかも今は同時に台風も近づいてきています。言われなくてもとは思いますが外に出る際は万全の準備でお出かけ、ご出勤ください。話は変わって私事ですが先日、仕事終わりに一人で公開されたばかりの映画『万引き家族』を観てきました。内容はこれから観る人もいると思いますので深くは掘り下げませんが個人的な意見としてはとても惹き込まれる内容でした。一昔前の日本を描いているような作品になっていて、ありえないような、でもリアルでもあるそんな作品になっていました。正直最後の終わり方が物足りなくてもっと続きを観たいと思いましたがそれもまたリアルでこれが現実だよ。と言われているようなもどかしい気持ちになりました。ハッピーな気持ちで終われる映画ではありませんが役者さん達(特に二人の子役がこの映画のリアルさを惹き立てていた)の演技力の光るとても素晴らしい映画でした。ぜひ映画館に足を運んでみてほしいと思っております。

では本題に入っていきたいと思います。小針土木もスポンサーとして応援している東京都社会人サッカーチーム南葛SCについて少し紹介させていただきたいと思います。そもそもなぜこのチームのスポンサーになったかというと私達の社長が南葛SCと名前が変わる前の常盤クラブに入っていたのが理由です。その頃は東京都二部と三部を行き来しているチームでした。ですが今はキャプテン翼の作者高橋陽一さんが後援会会長になり名前を漫画からいただき南葛SCと改名しJリーグを目指し戦っています。東京の強豪高校修徳高校で長く監督をやっていた向笠実さんを筆頭に名だたるコーチ達のもと今では元プロサッカー選手なども入団しています。その中で今年入団した有名な選手たちを紹介したいと思います。
まずはコーチ兼選手として入団した柴村直弥選手です。

こちらの写真は以前所属していたJ2のチーム徳島ヴォルティスの時代の写真です。この時はキャプテンも務めているチームの中心の存在でした。その後海外のラトビアのチームに入団してその年はラトビアカップ、ラトビアヴィルスリーガでも優勝をおさめておりとてもプロでも海外などでもとても経験豊富なベテラン選手です。冷静な的確な判断とその経験値でこれからの南葛SCをさらに強くしていってくれると思います。

次にザ!!外人という強靭なフィジカルとパワフルなシュートを持つ去年までJ3のカターレ富山でプレーしていたホドリゴ・カベッサ選手を紹介したいと思います。

貫禄とは裏腹にまだ歳は25歳とフレッシュなカベッサ選手は相手を二人三人背負いながら平気でプレーしてしまう屈強な選手です。そのまま強烈なシュートも打ってくるのでもうさすがプロだなというレベルです。すでに公式戦でもゴールを量産しておりチームの勝利に大いに貢献しています。南葛SCは現時点で首位をキープしていますがカベッサ選手の力は絶大だといえます。

最後に去年までJ2の愛媛FCで背番号10を背っていた安田晃大選手を紹介します。
安田晃大選手は元日本代表のサイドバック安田理大選手の弟になります。ポジションもプレースタイルも大きく異なってゴリゴリ系のお兄さんに比べると晃大選手は淡々と確実なプレーをする選手です。この前地元葛飾で試合があったので観てきたのですがカベッサ選手のようにド派手な目立つプレーはないですが正確なトラップや広大な視野で素晴らしいパスを量産していました。さすがはJ2の背番号10番でした。ミスも少なくこれがプロサッカー選手なんだなと感じさせられるプレーでした。ゲームを裏でコントロールしているのはこの安田晃大選手だと思います。サッカーをやっていないと普通のインサイドパスの違いはうまくわからないとは思うのですがやはり安田晃大選手のパスはとても正確で受け手が次のプレーにとても移行しやすいのです。試合を観に行った際はそういった所も見てもらいたいと思います。
こういった素晴らしい選手が入ってきたおかげで既存の南葛SCの選手達も日々の練習からいろいろなことを学べてレベルアップできさらに素晴らしいチームになっていくだろうと思っております。まずは東京都社会人リーグで優勝しその後に行われる大会で他の県の代表達に勝ち関東リーグ昇格をもぎ取ってほしいです。葛飾区からJチームをのスローガンのもと、もっと高みへ昇っていけるよう皆様も応援よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です